小出裕章先生  [矢野沙織]

先日、沖縄県中頭群にある西原町中央公民館で開かれた小出裕章先生の講演会に行って参りました。

小出先生は、以前は原子力推進の意識で研究をしていらしたのですが、研究を重ねるうちに原子力、原発について、また原発推進について色々な疑問をお持ちになり、今は反原発の研究者へと転身されている方です。

福島第一原発メルトダウン後から身を削る思いで反原子力の意識を持つ専門家の方々の記述を調べて参りましたが、小出先生の物腰はいつも柔らかく、それでいて的確で新参ではありますが大変に慕っておりました。


会場には、場外にまであふれる人で埋め尽くされていました。
私が沖縄に来て、買い物などをする度に「東京の人?観光?」と聞かれるので割にその度「放射能がヤバいんでね、移住してきたんですよ。」と言ってみていますが、今のところ関心を示したのはたった一人でした。
最近はどういうわけだかあまり聞かれなくなって上記のやりとりが無くなったので解りませんが、私の印象だと沖縄には原発はないし離島だし、で、皆さん今回の福島第一原発にはあまり関心を持たれていないようだと感じました。ですが、当日の多数の来場者に少し安心しました。
沖縄のスーパーでも、青野菜の産地には「福島県・茨城県他」なんて記載があります。
遠く沖縄にもわざわざ流通があるのですね。単純に疑問です。

(注釈ですが、だいたいの場合素人フィルターを通すとろくな事がないものですから、小出先生のお話を細かく書くことはやめておきます。まだYoutubeなどで詳しく話しを聞くことができますので、是非お聞きになってみて下さい。)

当日私の前に、お子さんを抱いているお母さんがいらして、小出先生に「沖縄は安全ですよね。小出先生から沖縄安全宣言をしてください。」と言っていましたが、小出先生はきっぱりと否定されました。
そりゃそうだよなあ、と思いながらもやはりそこには絶望感が伴いました。

あくまで私の荒い見解で歴史を遡ってみると、こりゃどう考えても日本国だけで出来たことじゃないな、と思うわけです。
大東亜戦争後?いや、鎖国を解いた時点で?

そう遡って行くと、教育とは何とも大切なものなのだと解ってきます。
列島実験は分かりやすい所で原爆投下後からだろうと思っていますが、それから66年かけて少なくとも日本のトップになる様な人材までもあのような思考回路に教育できたことについてからの派生事象については諸外国の列島実験は大成功と言えるでしょう。
400年間戦争が無かったことがある国というのは他にあるでしょうか?
そう言ったことから見えてくる「変化を恐れる日本人」の気質を突いた策略はお見事、と言いたくなる程によく出来たものに思います。

私は今の世間から言わせると神経質になっている人、となるわけですが、私にはもう「安全ですよ。」という情報は全く信じることはできません。
逆に、安全だと思っている人には危険信号は信じることができません。
しかし、巷には「危険」という情報も「安全」という情報も溢れかえっています。

さて、どうするか。

少なくとも私には疑問を持つことを当分やめられそうにありません。

では、また次回。
矢野沙織


2011年08月16日02:42 | Comment(6)
この記事へのコメント
沙織さん、楽しくブログを読ませてもらっています。中3の担任です。沙織さんがこんなに社会的事象に関心を持っていてくれること嬉しく思います。(沖縄のアメリカ軍基地に核兵器がないという確証はなにもないし。)立場上自分の考えを教室の外で書くわけにはいかないけど、沙織さんのように音楽の世界で活躍している人が強いメッセージを発信してくれることは今の若者に考える機会を与えてくれていると思います。続きも楽しみにしています。頑張ってください。最後に中3の時の選択のジャズの歴史の模擬授業の素晴らしさはいまでも忘れません。
Posted by K.Kobayashi at 2011年08月16日 12:05
矢野沙織様
初めてコメントさせて頂きます。
6年程前友人に誘われて行ったジャズ喫茶で沙織さんを初めて拝見しました。ジャズ初心者の私はその迫力に圧倒され、それ以来大ファンになり、ライブに年2〜3回足を運ぶようになりました。ブログも毎回楽しみに読まさせて頂いてましたが、ここ一年くらいの内容は個人的に少し残念に思っていました。

私は東京に住んでいますが、政府の発表するデータや安全だとする報道、また小出しにする不安材料は、まったく信じていませんし、東京は安全だとはこれっぽっちもも思っていません。しかしスーパーの食材は福島県産、宮城県産、茨城県産を率先して買ってしまいます。何故だかよく分かりませんが、子供が泣いていたら「どうしたの?」と声をかけ、隣のおばあちゃんが亡くなったら涙する。
このように思い、行動することが沙織さんの言う、諸外国からの列島実験で教育されたものなのであれば、私はその教育を受けられて良かったと思っています。
また東京に住み放射能を浴び、現地の食材を食べ続け、10年後に放射能汚染で死ぬ確率よりも、明日交通事故で死ぬ確率の方が高いと思うからです。

私も社会人として、人の親として、日々色々な局面に遭遇し、色々な思いをしながら暮らしています。その度に私のテーマソングである沙織さんの演奏を聴いて、癒され、勇気付けられ、気持がリセット出来て、また明日頑張ろうと思うことができます。

私は沙織さんが何処にいようと、どんな思想を持っていようと全く興味がありません。
ただ沙織さんの演奏が聴きたいだけです。私だけでしょうか。
これからも益々のご活躍期待しております。
そしていつの日かグラミー賞取ってください。
Posted by ttk中村 at 2011年08月16日 20:18
日本のどこも安全じゃないです。それはあたし達の世代で終わる問題ではないのですよね。

みんな
気がついてるけど
どうしようもないんです。

情報をどうもありがとうございます。
Posted by もじ at 2011年08月18日 21:07
「福島県産、宮城県産、茨城県産の野菜を買って応援しよう」っていうのは、単に国と東電が福島、宮城、茨城その他の住民に賠償金を払うのが嫌なだけで、テレビ使って人の同情心を煽って洗脳してるだけなんだと思うんですが。人の善意に訴えかけてくる洗脳に引っかかってしまう事が「列島実験大成功」つう事につながるんではないかと思うけど。中村さんも人の親なら、子どもの健康守る為にまんまとひっかかっている場合ではない気がするが、こういう人は身をもってそれを確認するしかないように思う。本当に交通事故より死ぬ確率が低いかどうか。


矢野さんはいい判断をしなすったと思うよ。(ミュージシャンやレーベル含め)理解してくれる人が周りにあまりいなさそうな気がするけど、生きてさえいれば、絶対音楽また出来る。場合によっては沖縄からも、ひいては日本から逃げなくちゃいかん事態が起こるかもしれんけど、サックス一本あれば、どこからでも、いつでも、再出発出来ると思う。たくさんファンがいるし。

心から、応援してる。生き抜こう!
Posted by Miwa at 2011年08月19日 03:30
Hi,
Your playing at Taipei last night was amazing! Thank you for coming to Taiwan. May I have the song list of last night's performance please? Thank you!
Posted by Yii  at 2011年08月20日 13:40
こんばんは

内容が内容なので、すぐコメントできませんでした。

まず、今現在の状況が「安全」か「危険」かでいうと、まぁ普通に考えて再びでかい地震が起こる可能性も高い、原発もいままで人類が体験したことのないレベルの事故を起こしているとこまでいってしまっている時点で「危険」には間違いないと思います。

ただ、人類が経験したことがないレベルのため、どの程度危険か?今後どういう事になるのか?という意味では「実験」というか「サンプル」になってる気がします。

ですが、私を含めていまだ都内で生活したり
、仕事をしている人たちは別に神経が図太い訳でも、バカな訳でもなく、多分沙織ちゃんのようにどこかへ移住したとしても、そこから生活が出来ない人たちなんだと思いますよ。
家族や恋人がいる人で今の生活を捨てて、逃げることができない人たちなんだと思います。
実際、福島で避難生活をしている人の中にも
あの危険な場所が故郷だから帰りたいといっている方もいます。

だから、一概にどこかへ行くことが解決だとは私は思っていません。
これが戦争なら再び攻撃があるので、疎開ということも考えられますが、もし今首都圏が空っぽになってしまったら日本は終わりだと思います。
原発を止めるために従事している人たちがいるように、都心にとどまっている人たちもある意味戦っているのかもしれません。
かといって、日本から出た人たちや沙織ちゃんを非難するつもりはありません。
その人なりの生き方だと思うので、私は問題ないと思います。
私はある時期から、いつ死んでもかまわないと思うようになってしまったので、そういう考え方の人たちもいるのかもしれませんね。

とりあえずこっちにライブ等で来ることがあれば教えてください。
久々に聴きたいんで。
ちなみに、カフェクレールの日はちょっと行けないんだけどね。
まぁ、おいおい
Posted by DUGで見たあのころ at 2011年08月24日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。